利尻ヘアカラートリートメントの使い方とは?白髪染めの効果を口コミでチェック!

テレビのCMでも有名な利尻ヘアカラートリートメント。

利尻ヘアカラートリートメントは累計販売本数1900万本を突破するほどの高い人気があり、白髪で悩む女性達を日々サポートしています。

しかし、そんな利尻を使ってみたいけど本当に効果があるのか不安を抱えている人もいるのではないでしょうか?

そこで、ここでは利尻の使い方から口コミまでをご紹介していきたいと思います。

利尻ヘアカラートリートメントを使ってみようか迷っている方はぜひご覧ください。

利尻ヘアカラートリートメントと他の白髪染めの違い

まずは利尻ヘアカラートリートメントの特徴についてご説明していきますね。

他の白髪染めとはどこが違うのか、人気の理由を一緒に探っていきましょう。

配合成分「天然利尻昆布」の保湿・補修効果

利尻ヘアカラートリートメントには、天然利尻昆布が使用されています。

この利尻昆布には、フコイダン・アルギン酸・ミネラルなどが含まれています。

そうした3つの成分には、乾燥してギシギシと傷んだ髪に潤いを与えてくれる効果がありますよ。

また、髪に潤いが生まれることで髪や頭皮を保湿・補修することができるので、白髪を染めながら髪や頭皮をケアしていくことができます。

髪を傷めつける刺激の強い成分がすべて無添加

利尻ヘアカラートリートメントには、髪を傷めてしまう刺激の強い成分が一切使用されていません。

そのため無添加で髪や頭皮に優しい白髪染めトリートメントとなっています。

髪へダメージを与える成分には、ジアミンやタール系色素をはじめいくつもの成分があります。

そのような成分が含まれているとなると、白髪を染める度にどんどん髪を傷めていってしまいます。

しかし、そういった成分が無添加の利尻ヘアカラートリートメントであれば、髪を傷めることなく安全に白髪を染めていくことができますよ。

利尻ヘアカラートリートメントは選べるカラーが豊富

利尻ヘアカラートリートメントのカラーは全部で4色と、白髪染めの中でもカラーバリエーションが豊富です。

ライトブラウン ナチュラルブラウン ダークブラウン ブラック
赤みが強い茶色 明るさを抑えた茶色 黒に近い

クールな茶色

黒髪向けの色

色は明るい方からライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックとあり、自分の好きなカラーを選択することができますよ。

髪を染める時には希望の髪色よりワントーン明るいカラーで染めると自然な仕上がりになります。

利尻ヘアカラートリートメントの使い方

では、ここからは利尻ヘアカラートリートメントの使い方やコツなどをお伝えしていきますね。

利尻ヘアカラートリートメントの効果的な染め方も掲載しているので、もう既に使用したことがある方も、そうでない方もぜひ試してみてほしいです。

利尻ヘアカラートリートメントの基本的な染め方

利尻ヘアカラートリートメントの基本的な染め方は以下の通りです。

1.シャンプー後にタオルで髪を軽く拭く

髪が汚れていると染まりづらくなってしまうので、シャンプーでしっかりと洗います。

その後はタオルで髪を軽く拭きます。

2.髪へ利尻ヘアカラートリートメントを塗る

白髪の目立つ部分には特に多めに塗りながら、髪全体にまんべんなく塗っていきます。

クシなどを使うと髪の隙間など、細かい部分まで塗ることができますよ。

3.数分間髪を放置する

放置している間はシャワーキャップを被ったり、ラップやタオルを頭に巻いておくと染めた後の仕上がりがキレイになります。

また、初めて染める場合は待つ時間を長めに取り、2回目以降は通常通りの10分ほどに戻すなど、状況によって放置時間を変えることでも色の浸透具合を変えることができます。

4.髪をきちんと洗い流す

髪を放置したら、その後は髪を洗い流していきます。

髪から色が出なくなるまできちんと洗いましょう。

髪を洗った後はタオルドライをし、ドライヤーで乾かせば完了です。

タオルは色が付いても良いものを使うようにしましょう。

染まりやすさUP!おすすめの染め方

上記ではシャンプー後の染め方についてご説明しました。

ですが利尻ヘアカラートリートメントは、髪が乾いた状態で染めても効果があるようです。

では、染まりやすさを上げることができるおすすめの染め方をこれからご紹介していきますね。

1.髪が乾いている状態で利尻ヘアカラートリートメントを塗る

髪が乾いている状態で染める時は、髪や頭皮が汚れていないかまたは髪に整髪剤を使ってはいないか、事前にチェックしておくようにしましょう。

髪や頭皮の汚れや整髪剤は、染まりにくくなる原因となります。

塗る時は白髪が気になる部分を多めに塗りながら、髪全体にたっぷりと塗っていきます。

2.決まった時間が経過するまで髪を放置する

髪が乾いている状態で染める場合、放置時間を長めに取らなくてはいけません。

だいたい30分~1時間は待つ必要があります。

髪を放置している間はシャワーキャップを被ったり、ラップやタオルを巻いておくと染め上がりを良くすることができますよ。

3.シャンプーで髪をしっかりと洗い流す

待ち時間が経過したら、シャンプーで髪を洗い流していきます。

色が出なくなるまでしっかりと洗いましょう。

洗髪後、髪を拭く時に使うタオルは色が付いても大丈夫なタオルを使うようにしましょう。

あとはドライヤーで髪を乾かせばOKです。

利尻ヘアカラートリートメントの口コミや評判

最後に、利尻ヘアカラートリートメントの口コミをご紹介していきます。

利尻にはどのような評判があるのか見てみましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの悪い口コミや評判

50代/女性
利尻ヘアカラートリートメントを使い始めてから、髪の潤いが無くなったような気がします。

しかし頭皮がかぶれたり傷んだりしている様子はないので、髪や頭皮に優しい白髪染めというのは本当なのかなと思います。

40代/女性
白髪染めをしてもきちんと白髪が染まりません。

何度か続けて使ったところなんとか染まりましたが、シャンプーをすると色が少しずつ抜けていってしまいます。

30代/女性
手に付着したカラー剤がなかなか取れない。

染める時は手が汚れないように気を付けた方がいいかも。

悪い口コミにあったのは、白髪が染まらない、手に付いた色が取れないというものでした。

白髪が染まりにくい原因として考えられるのが、染める時に髪が汚れているあるいは使っているシャンプーに原因があるかもしれません。

髪などに刺激を与えるシャンプーを使うと、色が染まりづらくなったり色落ちの速度がはやまってしまうことがあります。

そうした場合はアミノ酸シャンプーなど、低刺激のシャンプーを使用すると染まりやすさや色持ちの度合いを上げることができますよ。

また、髪が汚れている状態で染めても色が定着しにくくなってしまうので、染める時にはできるだけ髪をキレイな状態にしてから染めるようにしましょう。

手に色を付けたくなければ、ビニール手袋を使ってみるのも良いかもしれません。

利尻ヘアカラートリートメントの良い口コミや評判

30代/女性
たった1回使用しただけで根元まできれいに染まりました。

予想以上に染まりが良かったので、これからも使い続けていきたいです。

40代/女性
一度の使用で1週間は持つ。

ただ、わたしの場合は量を少し多めに塗り、1時間放置しているのでそれも理由にあるのではないかと思います。

50代/女性
利尻ヘアカラートリートメントを使っていると髪がしっとりします。

それに以前と比べて髪がサラサラになったような気がして、白髪染めをしているとは思えないような髪質を維持できています。

40代/男性
無臭で使いやすい。

以前は違う白髪染めを使っていたのですが、ニオイが強くて苦手でした。

利尻だとニオイがないから使った後も気にならない。

良い口コミを見てみると、染まり具合や色持ちの良さに満足している方がたくさんいました。

また、香料が使われていないので男性でも匂いを気にせずに使うことができそうです。

利尻ヘアカラートリートメントを使って、髪や頭皮へのダメージを抑えながら、白髪染めの効果を実感してみてくださいね。

まとめ

今回は利尻ヘアカラートリートメントについて、使い方や口コミなどの詳細をお伝えしてきました。

白髪染めトリートメントの中でも高い人気があり、愛用者も多数いる利尻ヘアカラートリートメント。

そんな利尻ヘアカラートリートメントで白髪ゼロの健康的な髪をゲットしちゃいましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

利尻の効果を個別でまとめてみた

NO IMAGE

LPLPを使っている人のまとめ

NO IMAGE

LPLPの効果を個別でまとめてみた

LPLP(ルプルプ)の染まりを良くする使い方を口コミから徹底リサーチ!