LPLP(ルプルプ)の染まりを良くする使い方を口コミから徹底リサーチ!

現在人気が上昇傾向にあるルプルプですが、もしかすると中には

「ルプルプを使ってみたけどほとんど染まらなかった。」

なんて方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが、

「ルプルプに満足している人は一体どのような染め方をしているのだろうか。」

という点ではありませんか?

やはりせっかく使うなら、少しでも染まりやすく工夫した状態で効率的に白髪を染めていきたいですよね。

今回はそのような、ルプルプ愛用者の口コミから白髪が染まりやすくなる使い方までご紹介していきますね。

ルプルプは染まらない?口コミからルプルプの染まり具合を徹底調査!

それではさっそく、ルプルプ愛用者の口コミから見ていきます。

「ルプルプを使っても染まらない。」と不満を抱いている方と、「ルプルプがよく染まる。」と満足している方にはどのような違いがあるのでしょうか?

悪い口コミと良い口コミそれぞれで、双方の違いを探ってみましょう。

ルプルプの悪い口コミ

まずはルプルプを使っても染まらないと感じている方の口コミから見ていきます。

髪に塗った後30分ほど放置していますが、なかなか白髪が染まりません。

なぜ染まらないのか理由がよく分からないです。

(40代/女性)

少し前から、シャンプー後にルプルプをトリートメント代わりとして使っています。

しかし白髪が染まっているということをあまり実感できないまま過ごしています。

(50代/女性)

人気がありそうだったので、初めての白髪染めでルプルプヘアカラートリートメントを使ってみました。

ですが1度染めただけでは白髪が完全に染まらず、1日1回のペースで合計3回使ったあたりからやっと染まり始めました。

(30代/女性)

ルプルプの良い口コミ

続いてはルプルプに満足している方の良い口コミを見てみましょう。

白髪が気になり始めた数年前からずっとルプルプを愛用しています。

最初は上手く白髪が染まらず、本当に使い続けていくべきなのか不安を抱いていました。

しかし何度か使用するうちに白髪がちゃんと染まるようになりました。

ちなみに1時間ほど放置すると染まりやすくなるのでおすすめですよ。

(40代/女性)

白髪染めトリートメントはシャンプー後よりも髪が乾いた状態の方が染まりやすいということを耳にしたので、ルプルプでも同じなのかと思い試してみました。

すると本当に染まりやすくなり、それからはシャンプーをせずに使い続けています。

でも、前に汗をかいた後や髪をセットした後に使ってみたら逆に染まりづらくなったように感じたので、その場合はシャンプーをしてから使った方が良いかもしれませんね。

(30代/女性)

染める時にクシを使えば根本やこめかみなどの細部まで染めることができます。

それと私の場合、待ち時間に髪をラップで包んで保温しています。

ルプルプは髪にツヤと潤いを与えてくれるので、これからも自分なりに工夫を加えながらルプルプで白髪を染めていきたいです。

(40代/女性)

口コミから分かったルプルプで白髪を染まりやすくするコツ

ルプルプを使うと白髪が染まると実感している方の良い口コミには、次のような使い方が見られました。

  • 髪全体に塗った後、そのまま1時間放置している
  • 髪が乾いた状態で使っている
  • クシやラップを使って染まりやすくしている

基本的な使い方を守ることも大事ですが、染まりやすくするためにはこのように一工夫加えて染めてみるという方法もあるようです。

ルプルプを使っても白髪が染まらないと悩んでいる方は、ぜひ実践してみてくださいね。

ルプルプの染まりが良くなる使い方で実際に白髪を染めてみよう

ここからは前項で挙げられていた口コミの声をもとに、ルプルプを使って白髪が染まりやすくなる使い方をご紹介していきます。

あなたも以下のような使い方をすることで、染まりやすさをUPさせることができますよ。

1.髪全体へルプルプをたっぷり塗る

まずは髪が乾いた状態でルプルプを髪全体に塗っていきます。

この時にルプルプをたっぷり塗ると、染め上がりがキレイになりますよ。

ただし髪が汚れていたり、髪のセットに使うような物を使用していたりすれば色素が定着しづらくなってしまうので気を付けましょう。

2.コームを使って色ムラのない仕上がりにする

手でルプルプを一通り髪に塗り終えたら、その後はコームを使ってさらに細部までしっかりと塗り込んでいきます。

コームを活用することで、手だけでは行き届きにくい根本やこめかみまできちんと塗り込むことができますよ。

塗り残しがないことで、染めた後の色ムラが気になりにくくなります。

3.ラップなどで髪を温めながら1時間ほど放置する

先ほどの口コミにもあったように、ラップで髪を巻いておくと頭皮全体が温まり、さらにルプルプの染料と髪が密着しやすくなるので染まりが良くなります。

その他にも、シャワーキャップや蒸しタオルを活用することで同じ効果を得ることができますよ。

また、放置する時にドライヤーを当てても髪が温まりやすくなるかもしれませんね。

そして放置時間は通常20~30分のところ、1時間放置してみましょう。

時間を延ばせば延ばすほど、白髪の部分へ色素がより入り込みやすくなります。

4.待ち時間が経過したらお湯で洗い流す

待ち時間が経過したら、その後はお湯で洗い流します。

その際に色素がたくさん出やすいので、色素が出なくなるまでしっかりと洗い流しましょう。

髪や頭皮に優しいルプルプですが、それでも肌との相性が悪ければ頭皮トラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

しかしここで洗い残しがないよう細かいところまできちんとお湯で流しておくと、頭皮の炎症やかぶれが起きる可能性をさらに減らすこともできますよ。

まとめ

ルプルプの染まりやすさを上げる使い方には、さまざまな手段があることが分かりましたね。

上記でご紹介した染め方を実行すれば、あなたの白髪も染まりやすくなるかもしれませんよ。

無駄のない効率的な使い方をして、上手に白髪を染めていきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントの使い方とは?白髪染めの効果を口コミでチェック!

NO IMAGE

LPLPの効果を個別でまとめてみた

NO IMAGE

LPLPを使っている人のまとめ

NO IMAGE

利尻の効果を個別でまとめてみた