LPLPヘアカラートリートメントは染まらない?染まらない人の原因を調査してみました

LPLPヘアカラートリートメントは白髪染めをしながらトリートメント効果も期待できる今話題の商品です。

その人気の高さを証明するかのように、楽天市場総合部門ランキングで見事1位を獲得いたしました。

そんな人気絶頂のLPLPヘアカラートリートメントですが、口コミを見てみるとなにやら「染まらない」なんて言う声も・・・。

これほど人気のあるLPLPヘアカラートリートメントで染まらないというのはどういうことなのでしょうか?

そこで今回は、LPLPヘアカラートリートメントで染まらないと感じている方の原因について調査していきたいと思います!

LPLPヘアカラートリートメントで白髪が染まらない人の原因を調査してみました。

それでは早速ですが、LPLPヘアカラートリートメントで白髪が染まらない人の原因を調査してみました!!

放置時間が短い

LPLPヘアカラートリートメントは塗ってから20~30分程度放置することが推奨されています。みなさん放置時間は適切ですか??

もし普段のトリートメントのように、塗ってからすぐに流したり5分程度しか放置していない方は、白髪の染まり具合が悪くなるでしょう。

基本的に白髪染めは放置時間が長くなればなるほど染まりが良くなることを覚えておいてくださいね。

市販のヘアカラーと比較してしまっている

LPLPヘアカラートリートメントは、使い続けることで徐々に染料を付着させて白髪を染める商品です。

つまり、キューティクルを壊し、染料を髪の内側まで浸透させる市販のヘアカラーと比べると染毛力には劣ってしまうのは当たり前のこと。

このような大前提をしっかりと理解しないうちにLPLPヘアカラートリートメントを使用した人が「全然染まらない・・・。」という感想を抱いているようです。

でも、LPLPヘアカラートリートメントだって、使い続けることできちんと白髪を染めることができます。使い始めてすぐに白髪の染まりが悪いからと諦めるのではなく、少なくとも初回に購入した分は使ってみてくださいね。

白髪以外の髪を染めようとしている

LPLPヘアカラートリートメントでは白髪以外の髪を染めることはできません。

これはLPLPヘアカラートリートメントの染める仕組みに秘密がありまして、市販のヘアカラーは髪を染める際に一度脱色を行ってから再び色素入れることによって色を付けています。

つまり黒髪の色素を抜いていますので、ヘアカラーの色素がしっかりと発色してくれるんですね。

一方でLPLPヘアカラートリートメントでは脱色を行わず、色素を髪の表面に付着させることによって髪を染めています。

よって、発色の強い黒色に勝る色素はありませんので、結果的に「染まってはいるけども、変化はない」という結果になってしまうんです。

LPLPヘアカラートリートメントでさらに染まりを良くする秘訣

それでは最後に、LPLPヘアカラートリートメントでさらに染まりを良くするための秘訣について解説していきたいと思います。

ケチらないで使う

LPLPヘアカラートリートメントがもったいないからとケチって使う方がいらっしゃいますが、私は絶対におすすめしません。

ケチって使うとどうしても塗りムラができてしまいますし、染まりが良くならないどころか、無駄な時間や労力を浪費してしまうことになります。

ですので、白髪の染まりを良くするためにも、初めからたっぷりと使うようにしましょう。

放置時間を長めにする

基本的に白髪染めの染まり具合は放置時間の長さと比例します。

LPLPヘアカラートリートメントも例外ではなく、放置時間を少し長めにとることでいつも以上の染まりが期待できるんです。

私がおすすめする目安の放置時間はおおよそ40分程度!!

あまり、長すぎても地肌にダメージを与えかねませんので、適当な時間にしっかりと洗い流してあげてくださいね。

コームを使う

LPLPヘアカラートリートメントを細部にまで塗る場合は、コームを使用すると良いでしょう。素手で塗るとどうしても塗りムラができてしまいます。

特に襟足やもみあげなどの生え際に塗るときにはコームが大活躍!!

使用するコームですが白髪染め専用のコームでなくとも、100円均一などに売られている一般的なコームでも代用が可能です。

髪をすぐに乾かす

トリートメントを流し終わったらすぐに乾かすことが大切!!

濡れたまま放置していると、せっかく髪の表面に付着させた染料が再び水分に流れ出してしまいます。

ですので、キレイに染め上げた髪色をしっかりとキープするためにも、できるだけ早いタイミングで乾かしてあげるようにしましょう。

まとめ

今回はLPLPヘアカラートリートメントで染まらない方の原因についてご紹介してきました。

これまでの内容についてまとめると、

・放置時間が短い

・市販のヘアカラーと比較してしまっている

・白髪以外の髪を染めようとしている

LPLPヘアカラートリートメントで染まらないと感じている方は、これらが主な原因となっていることが多いでしょう。

LPLPヘアカラートリートメントの詳細については公式サイトで確認できますので、興味のある方はぜひ1度ご覧になってみてはいかがでしょうか??

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LPLP(ルプルプ)の染まりを良くする使い方を口コミから徹底リサーチ!

NO IMAGE

LPLPを使っている人のまとめ

LPLPヘアカラートリートメントの使い方をご紹介します!!

LPLPヘアカラートリートメントの成分を徹底分析!!実力を調査してみました

NO IMAGE

LPLPの効果を個別でまとめてみた

LPLPヘアカラートリートメントは店舗でも買える??販売店を調査してみました